採用塾recsup

地方の中小企業こそ、その場しのぎではない
「採用の基礎体力」が必要です

こんな採用のお悩み、ありませんか?

  • 何をすれば良いか分からない…
  • 広告をかけても応募が来ない…
  • 内定を出しても辞退される…
  • 若年層の離職率が高い…
  • チームの結束力が弱い…

大手では当たり前の採用施策は、中小企業には難しい

大企業では当たり前のように行なっている採用、定着、そして人材の戦力化。
潤沢な予算とリソースを持つ大きな会社では、毎年のように多くの人材が入社し事業を伸ばしています。
しかし、中小企業はどうでしょうか?
採用・定着といった人材に関する取り組みに着手できない企業がほとんどです。
採用塾では「社外の人事担当」として中小企業の採用力・定着力の強化をサポートします。

なぜ採用がうまくいかないのか、課題を理解出来てますか?

採用の課題は大きく分けると以下の3つです。

  • 1.そもそも応募が無い
  • 2.望む人材と違う人が来てしまう
  • 3.応募はあるが採用まで至らない

1と2の問題を解決するには

求人の絶対量を増やす
求人情報の質を高める
といった打ち手が必要です。

無料/有料の求人サービスに出し、求人票に記載するメッセージが求職者の目線に立ったものにする必要があります。
言葉にすると簡単ですが、実際には膨大な作業が必要。地道な施策が人材獲得に繋がります。

3の問題には応募後の採用コミュニケーションが大事です。

採用応募があった後はなるべく早く連絡する
面接時に自社の事をちゃんと伝えていく

などなど、「やっぱりやめた」を減らす施策が大事です。
更には新卒の場合、内定を出した後に離れてしまうケースが多々ありますので、離脱防止のフォローアップが必要です。

これらの施策は人材と予算が潤沢な企業は問題無く取り組めますが、採用担当者がいない・予算が少ない中小企業では実行することが非常に難しいです。 採用塾ではこの2つを基本とし、採用を成功に導きます。

いくら採用しても定着しないなら、底に穴が空いたバケツで水をすくっているようなものです。

定着の問題は企業によって状況が違うため、多岐に渡ります。
例えば人材の定着には新人研修や面談など手段がありますが、本当に大事なのは日常でのフォローです。

社員さんやスタッフに声がけはしていますか?
その人がどういう仕事の悩みを持っているか把握していますか?

だれもが気にかけてもらえると嬉しいものです。
定着のキモは「仕事と環境にハマれている状況をつくる」ことです。
「定着させたい」と考える経営者はいますが、「定着したい」と思っているスタッフはいません。
スタッフは「充実した仕事をしたいと」思っています。

定着してほしいなら、「充実した職場環境を作る」必要があります。
あなたの会社では、充実した職場環境を作れていますか?
採用塾では充実した職場、つまり魅力ある職場の作り方を、採用の伴走者として一緒に作っていきます。

採用の基礎体力がつくことによるメリット

  • 人材採用の基本が分かる
  • 採用コストの削減
  • 人材が採用でき辞退が減る
  • 社員が成長し生産性UP
  • 従業員が満足度する会社に

人が採りやすく、辞めにくく、活躍する人材が増える企業体質に

採用の基礎体力がつくことにより、人が採りやすくなり、辞めにくくなり、活躍する人材が増える企業体質に変化します。
その結果、企業の活動が発展していきます。

では、どのようにすればその状況を作ることができるのでしょうか?
それには求職者から見た充実した職場環境
そして従業員から見た充実した職場環境
2つの視点を知る必要があります。

求職者にとって充実した職場環境

  • やってみたいと思える仕事がある
  • 一緒に働きたいと思える人がいる
  • 長期的に働けるイメージがつく
  • 長期的に働ける条件・環境がある

従業員にとって充実した職場環境

  • 自分の役割を分かっている
  • 周りの人との良好な人間関係
  • 仕事や環境にハマっている

では、どのようにすれば「充実した職場環境」を実現できるでしょうか?
それは「採用施策の基礎を抑えた採用担当、社長が動くかどうか?」です。

行動を起こすには「何をすれば良いか?」つまり基礎を知らなければ動けません。
採用塾では企業の成長フェーズに合わせた実践方法を学べます。

なぜ、採用・定着の基本を学ぶ塾が必要か?

採用の基本を知る事で、変化し続けた企業

以前採用をサポートした会社でこんな事例があります。

新卒を獲得したいが、まったく問合せが来ない

創業70年の事務機器販売の会社でした。
精一杯サポートしたのですが、 初年度の採用実績は結果ゼロ
インターンシップや合同説明会など様々な取り組みをしても散々な結果でした。
ですが、フォローアップなどの取り組みをしっかりしていくうち、次第に人が集まるように。
初年度に実施したインターンシップの評判が良い口コミとなり、その後信頼が作られていった結果でした。
今ではあっという間に採用枠が埋まってしまう人気企業になっています。

採用のマーケティングでは、採れない人を集めるのは無駄という考えがあります。
ですが、ほとんどの企業では採れない人どころかまったく人が集まりません

まずはこっちを向いてもらう。
うちは興味を持ってもらえない企業じゃないんだ」ということを知れば、次の力になり、採用の成功に繋がっていく。
まず一歩目をつくるのが凄く大変ですが、採用の基本を知れば決して無理なことではありません

莫大なコストをかけずとも、大手と同じような採用活動が可能に

これまで情報発信するにはエージェント、有料情報サービス、自社HPといった多額の費用がかかるものが多く、中小企業は取り入れるのが難しい状況でした。 ですが、近年はindeed、エンゲージ、SNSといった無料のツールが使えるようになっています。巨額の投資をしなくとも、自社のマンパワーとアイディアで戦える時代が来ています。ステージは大企業のものだけではなく、一発逆転が可能になっています。

中小企業に受け入れや育成といった定着の取組みが無い

私、代表の渡辺は長年宮城県や仙台市において未就職者支援事業のコーディネーターをしてきました。その際、就職はなんとかできても出戻りになる方が多いという事態に多く出会いました。
なぜだろうと思い原因を探るうちに本人のマインド・スキル欠落もさることながら、会社側の受け入れ・育成体制が整っていない事が分かりました。
ほとんどの中小企業に受け入れや育成といった採用後に定着の取組みがありません

採用教育の不平等を無くす

私が最初に入った会社は10~20名の規模でしたが、新入社員の育成・取組みはありませんでした
3日目から飛び込み営業が始まり、半年間車に乗って上司について回った経験はとても大変だったのを今でも覚えています。
なんとか耐えながらやっていましたが、結局は退職しました。

その後3000人規模の上場企業に入ると、育成のきめ細やかさにびっくりしました。 これは人が育つはずだと。
新しい環境に感謝すると同時に、昔の自分が不憫に思えました。社会に出てからも教育の不平等があると。
新卒の学生はピュアです。リクナビに載っている企業はみんな同じに見えます。
トヨタも中小企業もも同じように。
その差は実際に入ってから分かるので、入社後にショックを受けている若者は多いです。
中小に行くと人が育たない悔しさを肌で感じ、人材育成の基本を作らなくてはいけないと強く思うようになりました。

お客様の声

メール・電話などで実際に頂いたお喜びの声の一例になります。

【CASE1】弊社の立場や企業規模を理解しお話してくれた

渡邊さんより本当にたくさんのことを教えて頂きました。
画面向こうから渡邊さんの人柄も伝わってきて、毎回打ち合わせが楽しみでした。

たくさんのキャリアコンサルタントの方にお会いしてきましたが、弊社の立場や企業規模を理解しお話してくれた渡邊さんの言葉は、弊社の財産となっております。

来月、新入社員が入ってきます。
渡邊さんよりご指導いただいことをベースに準備しているとことです。
ますます「キャリア形成」「リーダ-教育」等が重要になってきます。

【CASE2】求人応募数は400%以上となりました!

ご相談させて頂いた3,4年前から一歩一歩取り組み、実質2年前に比べると求人応募数は400%以上となりました!この2年で7名の優秀な人財採用でき、会社が大きく変革しました!
また、インターン生がインターン生を集客する導線設計も出来上がりました。
更に、東北**大学**専門ゼミとの連携も着実に現実化しました。
これも、これまで渡邊さんが弊社にご支援入って頂いたおかげです。
心より感謝申し上げます。

【CASE3】採用による売上向上前年対比は112%でした

採用タスクの整理やメンター的な関わりも数多くしていただき、幅広く支えていただいた事に、深く感謝致します。 また、採用による売上向上前年対比は112%でした。

【CASE4】新卒採用に踏み出すことができました

とても勉強になりました。先生の助言がありましたから、新卒採用に踏み出すことができました。
引き続き相談させてください、よろしくお願いします。

【CASE5】ステップアップできました

渡邊様との繋がりで当社ステップアップできました。
この先も渡邊様の支援を希望してます。

定着に関する成果

定着の基礎体力を上げたことで
成果を出したお客様

定着UP

新卒採用者が3年以上定着

初めて新卒採用を行う企業のインターシップ実施サポートから、入社式実施支援、その後の定期面談を実施。新卒採用者は3年以上定着。企業の中核人材となる。

休日増

業績向上/年間休日15日増

理念浸透を図るため、合宿型のミッションワークショップを実施。事業部ミッションを制定して、チームビルディングを行ったところ、業績が向上した上、年間休日を15日増やすことができた。

離職低下

コミュニケーション増により離職率低下

採用後3ヶ月持たないなど、離職率が高かった企業に定着施策のワークショップを提案。コロナ禍の中でも会社内のコミュニケーション量が増え引き留め効果を発揮。以降、人事への相談が増えることになり離職率が低下した。

採用に関する成果

採用の基礎体力を上げたことで
成果を出したお客様

中途採用の事例

5名採用

【業種】オフィスコンビニ事業
【職種】配送スタッフ
【社員数】10名

導入前の課題
  • 応募がゼロ
  • 不人気業界

パート採用の事例

3名採用

【業種】保育園
【職種】保育士
【社員数】32名

導入前の課題
  • 求人の出し方が分からない
  • 人手不足業界

新卒採用の事例

2名採用

【業種】通信機器メーカー
【職種】技術・営業職
【社員数】750名

導入前の課題
  • BtoBで企業名が知られていない
  • インターンシップ未経験

採用塾で提供する
中小企業のための採用戦略

  • 採用計画の設計(求める人物像の明確化)
  • 採用媒体の選定
  • 応募者管理と応募者対応・選考設定
  • 会社説明プレゼントレーニング
  • 面接官トレーニング(または面接同席)
  • 内定検討会議への同席とアドバイス
  • 適性検査の実施
  • 内定連絡とクロージング
  • 内定通知、不採用通知の送付
  • 入社前フォロー
  • 入社研修実施補助((内容の精査〜説明内容構築)
  • フォローアップ研修の実施
  • 定期面談、キャリアカウンセリングの指導
  • 人事戦略に関する会議への同席とアドバイス
  • 社内研修の構築
  • 必要となる研修のセッティング、講師のアサイン
  • 企業理念の浸透に向けた組織開発ワークショップの実施
  • …etc

これらは採用に必要な作業の一部。
求人をかけて、募集受付をして、選考をして…と採用の業務は多岐に渡るため、付け焼刃では成果が出ません
採用塾では採用〜定着の一連の流れを学びながら、企業様と一緒に(orまるっとお任せいただく)成果を目指すサポートを行います。

料金プラン

基本情報 フリー ミニマム ライト スタンダード アドバンス
動画セミナーの受講
LINE・メールでの相談
採用関連フォーマットの提供 ※1
オンライン相談(1.5時間) 月1回 月1回 月2回
本部Indeedアカウントにて運用
月額費用(税別) 無料 10,000 35,000 55,000 75,000

※1…採用関連フォーマットは、
内定通知書
入社日に何をやるかのチェックシート
会社案内パンフレットのテンプレート(パワーポイント)
入社案内パンフレットのテンプレート(パワーポイント)
会社説明会のテンプレート(パワーポイント)
求人票を作るための質問集
求人媒体のリスト
専門学校のリスト
採用関連公共事業のリスト
採用スケジュールをつくるためのワークシート
などなど、採用に役立つツールをお使い頂けます。

ヒトベース株式会社代表取締役 渡辺徹

ヒトベース株式会社
代表取締役 渡辺 徹

採用・人材活用のお悩み、
まずは無料セミナーへ

求人をかけて、募集受付をして、選考をして…と業務は煩雑です。
また、そもそもどうやって募集をかけるのか、選考を進めるのか、などその攻め方についても意外と奥が深いものです。

ヒトベースでは代表の求人広告・人材紹介・人材派遣、など人材業界10年以上の経験を基に、中小企業にフィットした採用サポートサービスをご提供してきました。
無料セミナーでは、その採用・定着に関するノウハウを惜しみなくお伝えしています。
少人数制のセミナーは年間を通し毎月旬のテーマでお送りしています。
内容は官公庁での講演や、大手企業の機関誌などに掲載しているものを深堀りしたものです。 最新の情報を取り入れてますので、毎回同じものではありません。
きっと御社にとって有益な情報を得れるでしょう。
採用にお困りの企業様は無料セミナーに是非ご参加下さい。

セミナー日程

第1回 新入社員セミナー
【日時】2022年5月11日(水) 12:00~13:00
【内容】新入社員が辞めてしまう傾向と打ち手とは?離職防止・定着のノウハウをお伝えします。

内容

【費用】無料(初回のみ)
【会場】zoomにて(お申込後に参加URLをお伝えします)
【対象】代表、経営層、採用担当者など決裁権を持っている方が対象です。
【定員】5名

無料セミナーに参加する